最初にやるべきこと

■クレジットカードの裏面にサインはありますか?

まず新しいクレジットカードをカードを受け取ったら、クレジットカードの前面をみて、カードにローマ字で入っているあなたの名前を確認して下さい。それから、カードの有効期限を確認して下さい。多くのクレジットカードの場合、月/年の順で記載されています。
そして必ずカードの裏の所定欄にサインをしてください。

本人のサインのないカードは利用できません。カードの裏面を見ると、空白の署名欄があると思います。そこにマジックペン等で、直筆のサインをして下さい。
普段と同じ筆跡でアルファベットではなく日本語か漢字で書くのがポイントとなります。日本語でサインをかくというのはカードの不正使用を防ぐ重要なものとなります。欧米では、漢字で書かれたサインを真似るのは至難のわざですから。

クレジットカードは申請し、審査を通過した本人しか使用できません。 もしサインがない場合には、カードが不正使用された時にも損害額が補償されません。
カードのサインが盗難・紛失の際のトラブル防止に役立ちます。海外ではサインがないとカードが使えないことが多いばかりか、カードを返して貰えない可能性もあります。

一度全てのクレジットカードをチェックしてみてください。カードの裏面のサインは本人確認のための大切なものです。
せっかく付帯保険に盗難保険がついていたとしてもサインがないと補償されないのですからもったいないことです。必ず新しいクレジットカードがきたら最初にカードの裏面にサインをしてください。

■クレジットカードは他人と貸し借りできません。

クレジットカードはカード会社と本人の契約により貸与されたカードです。本人以外がクレジットカードを使用することはできません。
厳密にいえば、たとえ家族間での貸し借りであったとしても不可ですので誰がカードを使っても《支払いは契約者本人》となることに注意しましょう。他人に貸したカードで、もしトラブルが発生してもその責任は名義人にあります。
また、名義貸などにより被害に遭ってしまった場合も、自分自身の責任となるので注意して下さい。家族間で使用したい場合は、家族カードを申し込まれる事をオススメします。

■会員規約を必ず読んでください。

各クレジットカード会社から渡される会員規約にはとても重要なことが記されています。クレジットカードの申込時にしっかりと内容を読むようにしましょう。
わらないことがある場合には、必ずカード会社に問い合わせてください。

■暗証番号は他人に知らせないこと。

初歩的なことですがクレジットカードの暗証番号は分かりにくいものにして、誰にも言わないようにして下さい。
暗証番号は4桁になりますが、他人から安易に推測されやすい数字は不正に使用されやすいです。あなたの生年月日や電話番号、自宅の住所の番地や4ケタが同一の数字番号、個人情報から分かるようなものなど暗証番号にしては絶対にいけません。同一の数字などはカード会社によって設定できないように工夫はされているようですがこのような暗証番号は控えてください。

カード会社や警察が、電話などであなたの暗証番号の確認をすることはありませんので、ご注意ください。
暗証番号を記入したメモとカードを一緒にしておいたりするのは便利かもしれませんが、、盗難などされた際には犯人にとても便利に働いてしまいます。 電話番号、生年月日など他人が簡単に知り得る番号は危険ですので、至急変更してください。カードの不正使用のうち、暗証番号が利用された不正利用についての損害は、原則として本人様負担となるので注意して下さい。万が一、暗証番号を忘れてしまった場合はカード発行会社まで相談して下さい。

■カードの保管場所

磁気に注意!
クレジットカードに入っているストライプ部分(主に黒い色)は磁気になっていて、カード利用に必要な情報が入っています。クレジットカードのストライプ部分は磁気になっていて、カードご利用に必要な情報が入っています。
テレビなど強い磁気を帯びたものに近づけないようご注意ください。

また、紛失・盗難などに備えて、会員番号とカード会社の電話番号を控え第三者に見られないところに保管することをおすすめします。その際、暗証番号を一緒に控えたり、保管したりしないようにしましょう。個人情報が分かるような免許証とクレジットカードを一緒に財布などに入れたりしないで下さい。


  • 万が一、紛失や盗難、不正利用等に遭った時のためにクレジットカードには様々な補償が付いているものがあります。カードによって補償内容は大分違うため、海外での利用が多い・ネットショッピングでの利用が大半などご自身に合った保証の付いたクレジットカードを選んで下さい。補償内容の一括比較には下記のサイトがおすすめです。
  • http://field-s.com/
  • クレジットカード現金化での詐欺行為の一つにクレジットカードの両面のコピーと暗証番号を聞いてくるものがあります。ネットショッピング等ではカードの番号と暗証番号があればカード決済ができて強いますのでくれぐれも、安易に他人にクレジットカードの情報は教えないよう注意してください。クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまい、消費者金融などから融資を受けられない方が「カードでお金」を利用し、現金を調達しているようです。
  • http://card-okane.biz/
  • 「カードでお金」とは、クレジットカードのショッピング枠で業者指定の商品を購入し、その商品を購入金額の7割から8割程度で買い取ることによってショッピング枠を現金化する仕組みとなっています。
  • http://fueld.biz/