会員番号・ネットショップ情報・売上票などは必ず控えましょう

■カード会員番号は控える

カードの盗難や紛失に備えて、カード会員番号とカード会社の電話番号は必ず控えて、安全な場所に保管しておくといいでしょう。万一の場合でも、カード番号がわかれば、カード会社も早急な対応ができます。
カード裏面に記載してあるような通常のコールセンターでも紛失の連絡は可能ですが、受付時間が決まっているため繋がらないケースがあります。
もしもの時に備えて、クレジットカードのWEBサイトや、発行時の案内などに記載されている紛失盗難時連絡先の電話番号を控えておきましょう。

また海外旅行中の場合は、国によって連絡先が異なりますので、それぞれ番号を控えておくことをお勧めします。
クレジットカードを紛失したら、すぐに最寄りの警察とカード会社に届け出てください。そうすれば、そのカードは「無効カード」として登録され、以後の悪用は防げます。
ちなみに、ほとんどのカードには、「カード盗難保険」が付いており、これはカードが紛失・盗難により他人に不正使用された場合に、その損害を補てんするというものです。

■インターネット上の取引の場合、契約先のURL、メールアドレスは控える

インターネット取引がより身近になり、利用者も増えてきていますが、それにともない様々なトラブルが起きています。インターネット上で買い物や登録などでクレジットカード番号や個人情報を入力される際には十分注意して下さい。
解約したいが連絡先が分からないなどのトラブルを避けるためにも契約先のURL・メールアドレスは必ず控えましょう。念には念をということで、できればプリントアウトもしたほがいいでしょう。

ここで、ネットショッピングやオークションで買物をする時、決済手段としてクレジットカードを利用する方も多いと思いますが、カードをネットで利用する時ならではの注意点を挙げておきます。

・クレジットカード番号などの個人情報をメールで送信しない。
クレジットカード番号等の個人情報は、メールを使って送信しないようにしましょう。SSLなどの安全対策が採用されているサイト以外からは絶対に送信しないでください。SSLとは、インターネット上で情報を暗号化して送受信する技術のことです。

・海外での利用に注意する。
インターネットは世界中とつながっているため、海外のサイトでショッピングをする人もいるでしょう。しかし海外でショッピングするときは、いろいろなトラブルに巻き込まれやすいので注意してください。
特に国内で正式に許認可を得ていない団体・個人が販売する宝くじ・ギャンブルの購入は危険です。 これらの購入は法律で禁止されています。
クレジットカードで、海外から簡単に購入できるからと言って、安易に購入してしまうと法律違反になります。海外からの宝くじ・ギャンブルの購入には注意しましょう。

■売上票の控え、明細は大切に保管する

クレジットカードの利用伝票は、引き落とし完了まで必ず保管しておきましょう。
売上票がなかったら、何にクレジットカードを使ったのか分からなくなってしまいます。明細伝票があれば請求に間違いがあった場合やクレジットカードを何に使ったかなどの確認がとれます。
加盟店から渡される売上票の控えやCD、ATM機利用時の明細は大切に保管し、売上票の控えと後日カード会社から送付される明細書との照合を毎月忘れないようにしましょう。もしかしたら、自分が使っていない分の請求が混じっているかもしれません。

特にクレジットカードを使う頻度が高い人は自分がクレジットカードで何を買ったのか忘れがちになってしまいますので、控えをきちんと保管するようにしましょう。
もし控えがないと、間違った請求が来た時に、証拠がなければそれを証明できませんし、後日保険の適用を受ける際にも、利用伝票が必要になります。
また、一旦クレジットカードを利用して、後でキャンセルしたり、商品を取り替えてもらった場合は、必ず「キャンセル伝票」をもらいましょう。そうでないと、とくに海外での利用の場合、二重に請求されることもあります。
通常、キャンセル伝票をもらっておけば、後日、請求のトラブルを避けることができます。時々、売上票を取り出して、チェックをすれば、クレジットカードの使いすぎを防ぐこともできます。

売上票の控えやキャッシングの控えを放置しないようにしましょう。
売上票の控えや明細、キャッシングの控えを第三者に拾われて、クレジットカードの不正使用に使われた例もあります。売上票の控えに載っている情報でネットショッピングなどで悪用される事件も多発しています。
危険ですので、決して不用意に公共の場のゴミ箱などに捨てず、自宅に持ち帰ってきちんと自分で処分するよう気をつけましょう。


  • 最近話題のクレジット現金化はweb上での決済が可能になり、営業するための店舗を構える必要がなくなったため、新規参入する業者が多く、中にはかなりの悪質な業者も存在します。もし利用してしまった場合は必ず業者のURLやメールアドレスは控えるようにしてください。
  • http://www.gvb-uk.com/
  • 価格.comのような比較サイトはweb上にたくさん存在しますが、総量規制が始まってからクレジットカード現金化の比較サイトも増えているようです。
  • http://www.tyhskonya.com/
  • 比較サイトに掲載されている店舗をみると、現金化の還元率は90%以上を謳っている業者がほとんどですが、実際振り込まれる額はそこからさらに業者側の手数料を引き、大体70%から良くて80%程度が相場のようです。
  • http://www.yunzhongmuye.com/